大人気海外ドラマ「9-1-1:LA救命最前線」

リアルな人間ドラマに思わず感情移入

「9-1-1:LA救命最前線」ご存じの方のいるかと思いますが、「911」とは日本で言うところの「110」や「119」にあたる緊急電話番号。
緊急現場で助けを必要としている人から、第一に緊急コールを受け取る「救命オペレーター」のアビーを軸に、はらはらドキドキのヒューマンドラマが展開されていきます。

このドラマのまず素晴らしいところが、驚きのストーリー展開に加え、とってもテンポが良いこと。
ドラマの舞台となる救命最前線。その緊急コールの内容も実に様々。あり得ないような非常事態に、思わず「そんなことあるの!」と突っ込みたくなるような場面も。

しかし、入念に作り込まれている本作。「ありえない非日常」にリアリティを持たせつつ、見事に観客を引き込む作品の力には思わず脱帽。
ドラマ制作にあたって、実際に起こった事件や事故を丁寧に取材し、また、実際に現場で働いている人たちにも取材を重ねることで作品に重みを持たせています。

救命現場のシーンでは、スクリーン越しにもその「緊迫感」が伝わってきて、思わず「急いで!」「そこじゃない!」と感情移入してしまう場面もたくさんあり、久々に入り込めたドラマでした。

基本のつくりは、”1話完結”のドラマなので、「ドラマは長いから嫌い」「間が空くと前の内容忘れちゃう」という人にもおすすめです。

やはりこのドラマが多くの視聴者を引きつける要因として、ドラマの主軸をつとめる「救命オペレーター」という職業をはじめ、警察官、救命救急士、消防士等々、実に様々な職業の登場人物が出てくる点があげられます。

わたしたちの普段の生活では、なかなか関わることの無い「救命の現場」。そんなプロフェッショナルの現場を、実にリアルに、実に生々しく描いていて、ドラマとわかっていながらも気付いたら思わず自分もその一員に加わったように、その世界に入り込ませてくれます。
多くの登場人物が出てきますが、このドラマにはある意味「脇役」は存在しません。登場するその一人ひとりにもフォーカスし、仕事とプライベートでそれぞれの人が多くの悩みを抱えています。そんな個性豊かな登場人物たちを見てると、「そうだようねぇ。」「なんでそうなっちゃうの!」と突っ込みを入れつつも、思わず感情移入しまっている自分がいました。

本作を産んだ本場アメリカでも、「見終わった後に気持ちが晴れるドラマ」として多くの人から高い評価を得ています。
映画やドラマについての評価はたくさんありますが、個人的に「いい作品」の定義として、「視聴者をその世界に連れて行ってくれる作品」だと思っています。その意味では本作は間違いなく「いい作品」と言えるでしょう。

世の中に面白いドラマは沢山ありますが、とにかく見て欲しいイチオシの作品。
この作品を初めて見たとき、まるで映画のようなクオリティにビックリしました。ほんとうに1話々々が、大作映画のように細部にわたって見事に作り込まれており、非常に高いクオリティの作品となっています。

実はそれもそのはずで、本作「9-1-1:LA救命最前線」。
あの『Glee』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』を作ったライアン・マーフィーが制作を手がけ、ドラマではあり得ないほどの大人数のスタッフ達によって作られているというから納得。まず、そのクオリティの高さに引き込まれてしました。
もちろん、『Glee』や『アメリカン・ホラー・ストーリー』を見たこと無いって方でも存分に楽しめる素晴らしい作品です。この作品を機に他のライアン作品に触れてみるのも面白いかも知れませんね。

スリリングな展開ですが、人間模様をしっかり丁寧に描ききっている本作。様々な登場人物たちからたくさんの感情をもらいますが、毎回最後にはほっとさせられる、そんなヒューマンドラマになっています。

いままだシーズン1ですが、ほんとに続きが待ち遠しい素敵なドラマです。

魅力的な登場人物たち

主人公アビー・クラークは、数々の緊急コールに対応し、電話越しにその現場で起こっている危機を察知し、多くの人々を救うため日々活躍しています。しかし、一方の私生活では、アルツハイマー(痴呆症)の母親の面倒をみなければならず、一人の母を救えていない自身の矛盾に苛まれつつ、日々の介護で精神的ストレスに悩まされています。

次に救命隊のキャプテンであるボビー。的確冷静な判断力で現場を指揮し多くの人命を救うヒーローであり、仲間達からの信頼も大きく頼りがいのある男。
しかし、私生活では、過去に重度のアルコール依存症を患い、そのせいで家族を失ってしまったという暗い過去を持っています。彼もアビーと同じくその自己矛盾に苛まれつつも日々を送っている一人。

若手消防士エヴァンはなんと「セックス依存症」。大切な勤務中にも関わらず、車の中で女性と性行為を犯してしまい、1話目ではついには上司でもあるボビーにその現場を目撃されてしまいボビーの逆鱗に触れてしまいます・・・。そのことがきっかけで、あやうく仕事をクビになりかけるという、なんとも破天荒な問題児・エヴァン。でも、どこか憎めないキャラクターでもあり、意外に熱いハートの持ち主である一面も。

そしてさらに意外なことには、この問題児・エヴァンに、彼自身がまったく予想もしていなかっただろう、思わぬ恋の相手があらわれ、やがて二人の距離は縮まり発展していくことに・・・。

1話目からまだまだビックリなドラマが展開されます。
「出来る女警察官」アシーナ。その豊富な経験と、強気で強引な性格から、次々に起こる難解な事件も見事に解決へ導いてく、まさにストロング・ウーマン。しかし、そんな女傑・アシーナも他の登場人物に漏れることなく、プライベートでは大きな悩みを抱えることに・・・。
家庭では長年連れ添った夫と子供を支える母親の顔も持つアシーナ。しかし、第1話ではそのアシーナの夫が、なんと同性愛者であることを家族へカミングアウトすると言い出します。
もちろん、アシーナは大反対し夫を止めるのですが、自分勝手な夫は妻の反対を押し切り、ついに子供達に告白してしまいます。
当然ながら子供らは父親からの衝撃的発言をうけショック状態に・・・。家族が崩壊へ向かってしまいます。当然、夫婦間もうまくいかなくなり、話はとんでもない方向へ進んでいきます。

他にも女性消防士のヘンリタ。彼女の前パートナーは服役中で、現在は別のパートナーと平穏無事に暮らしているのですが、なんと、そこに服役した元パートナーが現れ大波乱の幕開けに。

とにもかくにもどの登場人物にも公私ともにドラマがあり、また、その人物達が織りなすヒューマンドラマに心動かされっぱなしの作品。
ここで紹介した登場人物たちはもちろんのこと、他にも実に個性豊かな人物が登場し片時も彼等から目を離せません!
毎回、まさか!の連続にほんとうに楽しませてくれるドラマです。

「9-1-1:LA救命最前線」試聴方法

最後に、そんな大人気ドラマ「9-1-1:LA救命最前線」の試聴方法についてですが、FOXチャンネルが見れるサービスがいくつかあるなかで、個人的にオススメなのは「Hulu」です。国内外のドラマや映画、アニメなどが月々933円で見放題というのも魅力的ですし、テレビをはじめスマホやタブレット、パソコンと様々なデバイスに対応しており、2週間のトライアル期間(無料期間)もあるので安心。
日本国内でもいちはやく動画サービスを導入したHuluなだけありかゆいところに手が届く操作やチャンネルサービスの豊富さも魅力の一つです。
ぜひHuluで「9-1-1:LA救命最前線」を見て、笑いと感動の涙を!