日本を舞台にアレンジ!女性版シャーロックホームズがかっこいい!!

アジアで初めてアメリカTV会社HBOと共同制作

アメリカのTV会社HBOといえば代表的なドラマとしてSAC(セックス・アンド・ザ・シティ)があげられます。日本でも話題を呼んだ恋愛ドラマです。今作のミス・シャーロックは恋愛ドラマではありませんが、海外の制作会社がもつ映像美や撮影法が遺憾なく発揮された作品となっています。脚本・監督ともに日本人が担当しているのですが、ふいに洋画を思わせるような撮影法を用いたり、選曲のセンスが海外らしく和と洋をミックスさせたこの作品は見ている人をワクワクさせるような演出がなされています。
またシャーロックホームズの舞台はイギリスのロンドンですが、それを現代の日本版にアレンジするということで住居は純日本家屋・・・にしたわけではありませんでした。外観は日本家屋風ですが洋館を彷彿とさせる大きな屋敷で室内も洋館の雰囲気をだした家具になっています。
シャーロックの部屋には研究スペースが作られていて、過去の研究や調べものをした際に使ったと思われるメモが所狭しと貼ってあります。また回によってそのメモも変わってくる、という手間のかかる演出がされています。このメモのアップなどドラマ中ほとんどされないのに変えていくという、制作側の熱意が伝わってくる作品に仕上がっています。
日本版のオリジナル設定としてシャーロックが超甘党で脳を使ったらチョコを食べたり、お菓子を一人で何個も並べて食べたり、はたまたそばに天かすを大量投入するという偏食っぷりが出てきます。
推理は専門用語が必要なものから視聴者にも解きやすいようなひらめき型のものと、いろいろ出てきますので見ながら推理するのが楽しめます。またその推理においては事件の真相そのものの謎はドラマ中披露されますが、作中に出てくるだけで推理披露がされない謎も置いてあります。アナグラムがそのうちの1つなのですが、事件と深い結びつきがあるものなので後半に「あれ?」となった人物の名前が出たら確かめてみてください。
1話完結型のストーリーなので展開はテンポがよくポンポン進んでいき飽きのこないような構成になっています。また1話完結だと区切りをつけて見やすいので続きが気になってイライラする、なんてことにもなりません。すでに完結していますので、いっき見派の方にもおすすめです。

竹内結子の魅力と演技力がすごい!

女性版シャーロックを演じるのは竹内結子。主人公なので注目するのは当たり前なのですが、なんと言ってもこの竹内結子が演じるシャーロックが本当にかっこいい。史上もっとも美しいシャーロックホームズと表現してあるのも納得です。竹内結子は一癖も二癖もある難しい役どころを魅力的に演じています。シャーロックは警察で難解な殺人事件が起きた際に捜査協力を要請されて出向くのですが、常識なんて邪魔と言わんばかりに事件現場を土足で歩き出します。またお世辞や社交辞令は言えないので思ったことを素直に言っては関係者の傷をえぐったり、お偉方の痛いとこを突いては怒らせてしまいます。人間嫌いを前面に出しており、ハイタッチを拒んだり「こどもは嫌い」と明言しています。そのあたりはコミカルに表現されていて残忍な事件との緩急がつき、面白味を増幅させます。そして「趣味の悪い服を視界に入れるのが嫌」とシャーロックは公言していて、各エピソードの服装もとってもおしゃれです。竹内結子は髪を短くし後ろに流して雰囲気に辛さを加えています。しかし女性としての華やかさを口紅やハイヒールなどで加えていて、見事にシャーロックとしてのあの繊細さと鋭利さを女性版として表現しています。またシャーロックホームズと言えばあらゆる知識を兼ね備えた推理が魅力の一つですが、推理を述べる際に専門用語をつかって早口にしゃべり続ける長台詞は見どころの一つです。元素記号、花言葉、神話などで推理を何通りか展開していくシーンはぜひ見ていただきたいです。
またシャーロックの相棒と言えばはワトソンですがミス・シャーロック/Miss Sherlockの相棒はワトソン・・・ならぬ和都(ワト)さんですこの相棒ワトさんを貫地谷しほりが演じています。国境なき医師団として紛争地域で医師として働いていたものの、環境の悪化と設備不足下での自身の力不足を嘆き、志なかばで帰国をします。そして心に傷を抱え無気力になっていた状態で事件に巻き込まれシャーロックと出会います。ワトさんはほんわか系の役どころでシャーロックに「わたしといること必ず後悔させてあげる」とすごまれるという、ともすればぎすぎすしそうなシャーロックとの仲を自然に築き上げています。シャーロックとワトさんとの息の合った二人の掛け合いも毎回魅力的です。ワトさんはその責任感から終始シャーロックに振り回されては周囲との緩衝材になっています。そして回を重ねて出来上がる信頼関係が素敵です。
他にも脇を支えるキャラクターが魅力的に作られています。殺人事件の捜査協力の要請をしている礼紋警部を演じたのは今人気の俳優滝藤賢一。その働きぶりが実にユーモラスです。またその部下柴田巡査部長を演じたのは若手俳優としての人気がうなぎ登りな中村倫也。健気不憫ぶりが日本社会を風刺していい味だしています。斉藤由貴が演じたカウンセラー役はとても目を見張ります。
他出演者は毎回豪華な方々が登場してきます。またシャーロックホームズの永遠の宿敵といえばモリアーティ教授ですが、今作でもシャーロックの宿敵となる人物がのちに出てきます。誰がモリアーティなのか・・・ぜひ予想しながら見てもらいたいです。

観れるのはhuluだけ!

この作品はhuluオリジナル作品です。ミス・シャーロック/Miss Sherlockを観るためにはhuluに登録しなければならないのですが、huluは2週間無料でお試しができます。また無料登録中も他作品が見れるのでミス・シャーロックを見終わったあとも十分楽しめます。
huluは海外ドラマが豊富で話題の作品が公開されています。ウォーキングデッドやデスパレードな妻たち、プリズン・ブレイクや24-TWENTYFOUR-など歴代の作品からフラッシューFLASHーなどの新しい作品も順次公開されています。また海外ドラマでもhuluオリジナル作品があるので、レンタルDVDよりも楽しめます。またドラマや映画はレンタルをすると返却をしなくてはいけない手間がかかりますし、1作品につき¥○○と値段が加算されていきますが、huluは定額なので何作品みても値段は変わりません。忙しい方には隙間時間に手軽に見ることができますし、時間がある日は気になった映画を何本も!そしてシリーズいっき見!ができます。
またhuluにはプロフィール画面の選択でkidsモードにすることができます。こども専用の作品のみとなっているので、大人向けのセクシーなものやグロテスクなものが映ることがありませんので安心して子供に見せることができます。キッズでは名探偵コナンや妖怪ウォッチ、ポケットモンスターやアンパンマンが人気です。特にアンパンマンは豊富で映画なども見れます。最近のものでは僕のヒーローアカデミアも配信されています。また邦画や日本ドラマも全種類ではありませんが毎シーズン配信されるので見逃す心配がありません。(配信が終了する場合があります)

「ある問題から全てのあり得ない事柄を排除すれば自ずと真相は見えてくる。それがどんなに突飛な結論でもね」
女シャーロックが活躍するミス・シャーロック/Miss Sherlockを見れるのはhuluだけ。ぜひお楽しみください。