あすすめサスペンスコメディTRICK

自称天才マジシャン・山田奈緒子と、日本科学技術大学物理学教授・上田次郎のコンビが、超常現象や、奇怪な事件に隠されたトリックを解決していくミステリードラマ。

基本的には1エピソード2話構成である(例外的に第1シリーズの「母之泉」は3話、「千里眼の男」は1話、第2シリーズの「六つ墓村」及び「100%当たる占い師」は2.5話<第3話が2部構成>となっている)。

ミステリー(謎解き)が基本ではあるが、コメディ要素もふんだんにちりばめられているのが特徴。

笑いを誘う人物設定(名前・見た目)、セリフ回し、出演者に関するネタ(本人ネタ・楽屋ネタ)や裏番組をもじった地名や小道具(張り紙・看板・習字等)、漫画作品のオマージュなどの小ネタが多く、独特の演出と雰囲気が話題となってヒットする。

何かとコメディ要素が目立ちがちだが、真相は無情でやるせない結末(逮捕前に犯人が死亡するなど)により事件の幕は降りるのがパターンとなっており、脚本は横溝作品を踏襲した内容が多い。

なお、何かとセリフ(特にネタ台詞)やオチには妙な効果音がつく。

「人間が引き起こす超常現象を解明していく」というスタンスだが、超能力を全否定していない話もある。

2000年、2002年に金曜日深夜の「金曜ナイトドラマ」の枠で放送され、好評だったことから2002年末に映画化され、ヒットする。その影響から2003年には10-12月期の「木曜ドラマ」枠でゴールデンに進出し、その後、ブランクを経て、『TRICK 新作スペシャル』と『TRICK 劇場版2』が立て続けに製作され、2005年11月13日に「日曜洋画劇場」枠で新作スペシャルを放送。2006年6月10日から劇場版2が公開された。

2009年11月12日、トリックの新公式サイトにて「祝!十周年トリック大感謝祭」の開催が発表され、同時に3作目の劇場版『劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル』の公開が明らかとされた。2010年5月8日の同映画公開に合わせ、2010年4月9日から5月14日まで「金曜ナイトドラマ」の枠で、スピンオフドラマ『警部補 矢部謙三』が、2010年5月15日に「土曜ワイド劇場」枠で『TRICK 新作スペシャル2』が放送された。

2013年7月5日より『警部補 矢部謙三』の続編『警部補 矢部謙三2』が放送され、2014年1月11日公開の映画『トリック劇場版 ラストステージ』および同月12日放送の『日曜エンタ・スペシャルドラマトリック新作スペシャル3』にてシリーズは完結した。「ラストステージ」発表と同時に「さよなら!トリック祭り!!」の開催が発表された。